2020年7月29日 大牟田中央ライオンズクラブに九州豪雨被害 義援金を贈呈

2020年7月29日18時30分〜大牟田中央ライオンズクラブの例会を訪問 九州豪雨災害義援金を贈呈した

     
   
             
15時に宮若を出発、大牟田まで2時間、始めに被災地を確認した、大牟田市の市街地で床上浸水1,334件、床下浸水1,826件と大変な被害である。早速、例会会場の「料亭 新みなと」に到着、私たち 会長L.渡雅代 会計L.荒牧政紀 健康福祉・献血・公衆安全・YCE・LCIF・青少年 副委員長L.持丸利則の3名の他 第一副地区ガバナーL.古川隆(福岡くしだライオンズクラブ)地区FWTコーディネーターL.古賀京子(ちくご菜の花ライオンズクラブ)地区FWT副コーディネーターL.江口美香(福岡くしだライオンズクラブ)3名の例会参加者がありました。
前回の例会参加者は100%で本日も80%以上と素晴らしい出席率である。 例会で宮若ライオンズクラブから義援金を贈呈し会長L.渡雅代が挨拶、感謝の言葉を大牟田中央ライオンズクラブ会長のL.古賀道雄から頂いた。帰りは、やはり2時間無事に帰り着いた。
    



  
 大規模に冠水する大牟田市の市街地。
左上は諏訪川=2020年7月7日午前8時24分、
福岡県大牟田市、朝日新聞社機から、長島一浩撮影